後遺症の認定

レントゲン写真や医師の診断書などによって、後遺症の認定は行われます。
そのため、非常に提出する書類が大切になってきます。
まず、非常に医師の診断書の作成方法が大切になってきます。
しかしながら、担当の医者が、後遺症の認定に必ずしも慣れているとは限っていないし、非協力的な場合もありえます。
そのため、担当の医者へ働きかけることも大切になってきます。

交通事故の後遺症の認定結果は、非常に賠償額に影響します。
というのは、後遺症による慰謝料以外に、労働能力が後遺症によって無くなったことにより、先々の収入の減少について請求することができるためです。
損害保険料率算出機構の後遺症の認定結果に対して納得できない場合は、異議申し立てを損害保険料率算出機構へ行うことができます。
そのため、後遺症の認定について納得することができない場合は、不服申立てを諦めないで行うようにするといいでしょう。

後遺症の認定内容が違ってくれば、大きく賠償額に影響します。
ここでは、後遺症の認定内容が大きく賠償額に影響した事例についてご紹介しましょう。
最初は、後遺症に認定されなかったが、後遺障害14級に不服申立てしたことによって変わった事例です。
被害者は、最初は後遺症に該当しないということでしたが、弁護士が介入したことによって14級に変わりました。
そのため、最初は約123万円の提示額でしたが、弁護士が介入したことで約495万円の示談金額になりました。
本サイトでは、どんなに認定されるか、認定の手続きの流れ、何級に認定されるか、についてご紹介します。



[PICK UP]
交通事故の後遺障害の等級認定の相談を受けている法律事務所のサイトです ・・・ 交通事故の後遺障害

Copyright © 2014 後遺症の認定 All Rights Reserved.